ルワンダ ブンガ CWS FW:200g

Rwanda-03

ルワンダ ブンガ CWS FW:200g

(Rwanda-03)

〇国名:ルワンダ 地域:西部県ニャビフ郡
生産処理場:ブンガ ウォッシングステーション

 標高:1,650m~2,000m 精製方法:フリーウォッシュド
名称:ルワンダ ブンガ CWS FW
 焙煎:中深煎り 酸味:中、コク:あり

ブンガCWSは2009年3月に設立され、女性主導の260人
のメンバーからなる共同組合により運営されています。
ニャビフ郡は急峻な丘と深い霧がかかる谷間、2,000m
を誇る標高に恵まれ、他のエリアとは一線を画す
テロワールを有します。
ブンガCWSの収量と規模はCWSの中では比較的小さく、
何千本ものバナナの木に隠れるようなひっそりとした
佇まいですが、過去2度参加したRwanda Cup of
Excellenceでは2012年13位、2014年4位という輝かしい
実績を誇ります。
しかし、元々のポテンシャルの高さこそあれ、作業効率
や設備などのインフラ面で改善点は多くありました。
そこで2017年に新たにエクスポーターとのパートナー
シップの締結し、プールやカナルなど水洗設備を導入
したことで、更にカップクオリティを向上させることが
できました。

ルワンダやブルンジ等のアフリカ南部の生産国の
コーヒー豆には、例えるなら野菜を茹でたような香りが
コーヒーに含まれることがあります。
このブンガ農協の豆はそのようなことがなくプラムや
柑橘の酸味に甘さがあってキレのよさがあります。

Rwanda-03-200g
在庫状態 : 在庫有り
¥1,380
数量200g