ブルンディ キビンゴ:200g

Burundi-02

ブルンディ キビンゴ:200g

(Burundi-02)

〇国名:ブルンディ 地域:カヤンザ県 カヤンザ
生産処理場:キビンゴ ウォッシングステーション

 標高:1,900m 精製方法:ウォッシュド
名称:ブルンディ キビンゴ
 焙煎:中深煎り 酸味:少、コク:あり

キビンゴ・ウォッシングステーションは、1986年にカヤンザ県
カヤンザ地区に設立されました。
この地は、ナイル川の水源地としても知られ、標高1893mの位置
にウェットミルが建てられています。
ウォッシングステーションは、川を渡る為の大きな丸太の橋が
あることで知られ、その川の周囲には河川の浸食を防ぐために
葦(アシ)が植えられています。
このアシを意味する現地語(KIBINGO)からステーションの名前が
名付けられました。
彼らが高品質なコーヒーを実現してきた要因に、適切なチェリー
の評価体制があげられます。
農家が手収穫して持ち込まれたチェリーは、まず水の入った樽に
入れ、フローターの確認・除去がされます。
その後、チェリーを選別テーブルで再度手選別、フローター以外
の未熟チェリーを除去します。
この2つのチェックを受けた後に最終的な計量が行われ、
ウォッシングステーションの担当者の品質チェックの上で売買
できる仕組みとしています。
こうした厳格な品質管理体制により、高品質なコーヒーに対する
プレミアムやファーマー自身の品質に対する意識を高めたことが
高評価に繋がっています。

始めこの豆を中煎りに焙煎したところレモンのような尖がった
酸味になりやや飲み難さを感じたため、中深煎りにすることに
しました。
それによって、酸味がマイルドになりボディ感が出てすっきり
した後味になりました。

Burundi-02-200g
在庫状態 : 在庫有り
¥1,320
数量200g