ケニア KariainiAA(中煎)

Kenya-11

ケニア KariainiAA(中煎):200g

(Kenya-11)

〇国名:ケニア   地域:キリニャガ
ファクトリー名:カリアイニ 農園標高:1,600m
品種:SL28、SL34、ルイル11、バティアン
精製方法:フリーウォッシュド 名称:KariainiAA 中煎

 焙煎:中煎り 酸味:多、コク:中

カリアイニ・ファクトリーは、1954年にキリニャガ県ムクレに
設立されたムウィルア農協に属する8つのファクトリーのうち
の1つです。
ムウィルア農協は、1952年ケニアで初めてコーヒーの苗を
植えた農家によって設立された農協で、初めての収穫を迎えた
1954年にムウィルア農協が正式に設立されました。

カリアイニ・ファクトリーは、火山性赤土土壌に覆われた
標高1600m付近に位置し、周辺に暮らす農民の手によって、
均一でジューシーな完熟チェリーがファクトリーには運ばれ
てきます。
運び込まれたチェリーは、ファクトリーで再選別にかけられます。
未成熟や過熟のチェリーをパルピング前に取り除くことで、
コーヒーの品質を向上させています。
その後、近隣を流れるルンドゥ川を水源として、収穫後24時間
以内のできるだけ早いタイミングで生産処理が進められます。
パルピング後は、水を張ったタンクで18~48時間発酵する事で、
ミューシレージを完全に除去し、綺麗なウォッシュドコーヒーの
パーチメントが出来上がります。
ウェットプロセス以降で彼らが最も注意を払うのが、乾燥時の
天候と適正な乾燥日数です。
メッシュをひいたアフリカンベッドの上に3cm以下に薄く
パーチメントを敷き詰め、1日3回撹拌する事でムラなく、
乾燥が促進されます。
香味の特徴は、ケニアらしい柑橘系の華やかな酸味と力
強い味わいがあります。前回まで扱っていた「カヒンドゥ」
に負けず劣らずよいケニアの豆だと思います。

Kenya-11-200g
在庫状態 : 在庫有り
¥1,420
数量200g